夜勤続きの女性は寝不足とストレス対策を

ボロボロになる前に脱出

NEW

夜勤による健康被害とは?

すぐにできる対策とは

夜勤続きによる睡眠不足を放っておいてはいけません。仕事柄仕方ないと片づけていると、後から身体に深刻なダメージを与えてしまう可能性があります。慢性の睡眠不足対策には特別な事をしなくても良いのです。入浴に気を配ったり、仮眠するタイミングをしっかりおさえたりするだけで解消できます。またストレスも不眠症を招きますから、日頃から上手にストレス発散していく事を習慣化しましょう。すぐにできる対策をしっかり行う事が大切です。

スキマ時間の仮眠を

スキマ時間の仮眠を

夜勤明けの睡眠は、慣れないうちは寝れなかったり逆に寝過ぎてしまって次の勤務に支障がでてしまう事もあるかと思います。しかし、夜勤続きの寝不足解消には有効な仮眠のとり方があるのです。また、スキマ時間を有効に使った仮眠も効果がありますので、同じ仮眠でも寝不足対策できる有効な仮眠を心がけましょう。最近ではお昼寝カフェやネットカフェで仮眠をとる人も多くなりましたので、夜勤明けに利用してみるのも良いでしょう。 詳細へ

正しい入浴で休息を

正しい入浴で休息を

夜勤明けにはぜひ入浴をしましょう。入浴は疲れた身体をほぐすだけではなく、質の良い睡眠を促します。湯船につかる余裕がない人は、足湯が効果的でもあります。人間の身体は深部体温の下降がスムーズに行われるかどうかよって寝付きが良くなります。深部体温を入浴によって上昇させる事で、下降をスムーズにします。ですので、睡眠2時間前のぬるめの入浴は熟睡感がある質の良い睡眠を得られるのです。上手な入浴は寝不足対策に一役かいますので、ぜひすぐに実践してみましょう。 詳細へ

自分専用のストレス発散法を

自分専用のストレス発散法を

緊張感が高い夜勤はストレスを受けやすくなります。そのストレスのせいで睡眠障害を起こす可能性も高いのです。ですから、普段から自分に合ったストレス発散法でストレスフリーを心がけましょう。ストレス発散には、1人カラオケに行ったり、格闘技系のフィットネス等がお勧めです。また、ストレスになっている事柄を紙に書き出す方法も有効です。いずれにしても自分が楽しいと思える発散法を身につけておくようにしましょう。夜勤明けは疲れているからと寝てばかりではストレスが溜まる一方です。 詳細へ