夜勤を続ける女性に忍び寄る影響とは

ボロボロになる前に脱出

NEW

夜勤による健康被害とは?

体に及ぼす影響とは

夜勤を長く続けていると心身ともに疲れてしまうのは当たり前です。体力気力だけの問題でしたら休日にゆっくり休む事で解消されますが、夜勤が与える身体への影響はそう簡単なものではないようです。夜勤を続ける事で身体にさまざまなリスクを与え、そのリスクは徐々に悪影響となっていくようです。夜勤で働く女性はこの影響を把握して働き方を見直す必要があるのではないでしょうか。実際に考えられる身体への影響を知っておきましょう。

抜け毛や白髪が増加

抜け毛や白髪が増加

ある程度加齢すると当たり前に悩むのが白髪や抜け毛です。特にいつまでも若々しくいたい女性にとって白髪や抜け毛は天敵ともなります。白髪や抜け毛となる理由は何通りか考えられますが、生活リズムを崩し寝不足になる事も大きな原因のひとつと考えられています。その理由は肌を健康に保つ就寝時間、就寝のゴールデンタイムと大きく関係があるのです。寝不足によってこのゴールデンタイムを逃していると肌はもちろんの事、頭皮環境にもダメージを与えてしまうのです。 詳細へ

がん発症のリスク

がん発症のリスク

がんは誰でも避けたい病気のひとつです。特に女性特有のがんは再発率が高いものもありますから、できるだけ避けて通りたいものです。しかし、夜勤を続ける女性は乳がんの発症リスクを高めているというショッキングな研究結果があります。生活リズムを壊しがちな夜勤や交代制勤務は、女性ホルモンのバランスも崩しやすくなります。その為、乳がんのリスクが高まってしまうと考えられています。また夜勤を続ける人は胃腸障害を引き起こしやすいとされる研究結果もあります。 詳細へ

早まる脳の老化

早まる脳の老化

寝不足になりやすい夜勤は脳へもダメージを与えます。寝不足が続くと脳細胞が破壊され、脳機能が下がってしまう可能性があると言われます。人間は加齢とともに脳細胞が少しずつ壊死していきます。これを脳の老化としていますが、睡眠不足が長く続く事で脳細胞の壊死が早くから起こり脳の老化を早めてしまうデータもあるのです。ですから、夜勤を長く続け慢性的な寝不足に陥ってしまうと通常よりも脳の老化が早まり、その影響は日常生活に支障をきたす場合も考えられるのです。 詳細へ

生活リズムの乱れ

生活リズムの乱れ

女性の身体は女性特有のサイクルがあります。月経サイクルは女性ホルモンと密接な関係を持ち、妊娠と出産に大きな影響を与えます。この女性特有のサイクルは生活リズムの乱れの影響を受けやすくなっています。夜勤を続ける女性はどうしても生活リズムに乱れが生じやすく、女性特有のサイクルも狂いがちです。その為、夜勤を続ける事で不妊症や流産の可能性が高くなると言えるのです。不妊症の原因は一概にこれとは言えませんが、なかなか妊娠できずにいる夜勤の女性は、原因のひとつとなる夜勤を見直す必要があるようです。 詳細へ