女性特有のがんは夜勤が影響している可能性が大

ボロボロになる前に脱出

NEW

夜勤による健康被害とは?

がん発症のリスク

体に及ぼす影響とは

がん発症のリスク

夜勤を続けてしまうと短命になる

夜勤を続けてしまうと短命になる

夜勤が辛いと言うと慣れていないだけ、根性がないと反感を受けやすいですが、慣れや根性は全く関係ありません。眠い中の仕事は辛くて当たり前ですし、夜勤が身体に及ぼす悪影響は数々の研究で示されています。その中でも有名なのがフランスのヴィスナール教授の研究結果です。彼は2万人もの交代勤務労働者を対象に夜勤と寿命の関係を調べました。その結果は衝撃的なもので、夜勤によって寿命が10年縮まると発表しています。この研究結果はフランスで出されたやや古いデータではありますが、10年も寿命が縮まるとなれば洒落にはなりません。また、あくまでも平均10年ですので相当数の方が若くして亡くなっている結果でもあります。
この研究結果を受けたフランスは夜勤労働者の待遇を劇的に改善し、法律を制定しました。夜勤労働者には温かい食事を提供する他、防音や遮光を義務付けた休憩室や宿泊施設、更には夜勤時間に国営放送等を用意しました。

乳がんのリスクが2倍

乳がんのリスクが2倍

夜勤が身体に及ぼす悪影響はさまざまな研究結果で判明しています。特に女性が注目したいのは、カナダで行われた夜勤と乳がんの関係の研究結果です。研究では夜勤を30年以上続けると乳がんになるリスクが2倍になると発表しています。乳がんは言うまでもなく女性にとって怖いがんであり、患者の20%が死に至っています。夜勤を続ける女性は睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌の低下に伴い、女性ホルモンが増加してしまう事が乳がんリスクを高める原因と考えられています。メラトニンは日光にあたる事で活発化できるホルモンですから、夜勤続きで人工的な照明のもとで働く事も原因になるかも知れません。この夜勤と乳がんの関係を調べた研究は欧米に多く、どの研究結果も乳がんのリスクが高くなるとしています。

若い女性こそ気をつけるべき

若い女性こそ気をつけるべき

夜勤は若いうちしかできないと言いますが、それは体力面だけの話であり上記の乳がんリスクはむしろ高くなると言えます。若い女性は女性ホルモンの影響を受けやすくなりますし、まだ頑張れると無理をしてしまいがちです。その為、自分の身体の変調に気を配る事が少ないですし、ちょっと寝れば体力が回復すると考えてしまう事も多いでしょう。
20代でこれから結婚や出産を控える若い女性こそ、夜勤が及ぼす悪影響をしっかり知っておく必要があると言えます。若いから大丈夫ではなく、若いからこそ先を考えた勤務形態を考えるべきではないでしょうか。

胃腸障害を引き起こす事が多くなる

胃腸障害を引き起こす事が多くなる

日本でも夜勤の悪影響を調べた研究結果があります。名古屋大学で行われた研究では、1万人を対象に夜勤労働者と通常労働者の胃腸障害を比較したところ、夜勤労働者の胃腸障害は通常の2倍以上になるといった結果が出ています。胃潰瘍と十二指腸潰瘍の患者の3人に1人は夜勤労働者となり、全労働者に占める夜勤労働者は5人に1人もいない為、夜勤の労働者はかなりの確率で胃腸障害を引き起こしていると言えるのです。